顧客満足度を高めるFP実務勉強会

FPのスキルアップ、お客様の満足度を高める方法、FP事業発展のヒントなどを配信しています!

50不動産

不動産を使った節税策が最高裁で否認、相続コンサルの現場は試行錯誤

今、相続業界で話題になっていることがあります。それは、不動産を使った相続税の節税です。 相続税を計算するにあたり、金融資産、不動産などそれぞれの財産ごとに、所定の算式によって相続税評価額を計算します。その具体的な計算式は、みなさんFP試験で学…

来年から始まる所有者不明土地に関する改正は、世間でまだまだ知られていない

来年4月から、所有者不明土地の解消に向けた制度改正が施行されます。不動産登記の義務化や、土地の国庫帰属についての改正が含まれ、相続や不動産の業界では話題になっていますね。 ところがこの制度は、まだまだ世間の人々に知られていません。そのことが…

所有者不明土地に関する改正について、今月のFP6分野改正勉強会でご紹介!

9/25(日)に、FP6分野の最新改正&実務力アップ勉強会を開催します。この勉強会で、所有者不明土地に関する改正を取り上げます。 所有者不明土地は、いつも話題になっている社会問題ですよね。その大きな原因は、登記によって所有者を特定できないこと、また…

自宅売却後もその自宅に住み続けられる「リースバック」のメリットとデメリット

老後資金に悩む高齢者も増えていますが、その解決案として「リースバック」という方法が少しずつ認識されてきています。リースバックとは、自宅を売却するのですが、その売った「元自宅」を借りて住み続けるというものです。 リースバックのメリットは、自宅…

フラット35の金利引き下げ方式が、10月からポイント制に変更

2022年10月より、フラット35の金利引き下げの仕組みが大きく変わります。 これまでは、いくつものフラット35の制度の併用したとき、制度のそれぞれで定められる金利引き下げ幅を合計する仕組みでした。 ・10年間○%引き下げ・最初の5年間は△%引き下げ、次の…

令和4年度の路線価が発表されました

令和4年度の路線価が7月1日に発表されました。路線価は、1月1日時点の状況に基づき、7月1日に発表されると、FP試験でお勉強しましたよね。不動産や相続の業務をされている方にとっては、関心の高いことだと思います。 今年の路線価は、全国平均では前年比0.5…

フラット35は定期的に改正されています。今後1年の間にも改正があります

長期の固定金利住宅ローン「フラット35」ですが、住宅相談にあまり関わっていない場合は「単なる固定金利ローンの一つ」という認識になりがちです。しかし実は、世の中の状況にあわせて、毎年改正が行われています。 参考までに、この1年間での改正について…

東日本大震災後の住まいアンケートから読み取れた、地震へのリスク管理

先日のことですが、東日本大震災から半年後に行われたアンケート結果を見る機会がありました。「どこに住みたいですか?」という、住宅に関するアンケートです。 そのアンケート結果は複数回答方式でしたが、・勤務先に近い場所がいい・子供の学校に近い場所…

賃貸マンション経営で、入居者を増やすための物件の差別化のアイデア

先日、FP同士の交流会で不動産投資(相続対策の賃貸マンション経営を含む)について、話題になりました。その内容を本日はご紹介したいと思います。 不動産投資で収益を上げるためには、入居者をしっかり確保することが大切となります。賃貸マンションを建て…

住宅ローン控除の改正は得なのか損なのか、それは比べるものによって変わる

昨年12月に、税制改正大綱が発表され、住宅ローン控除の改正についても発表されました。 今回の改正が、改正前と比べて得なのか損なのか(控除額が増えるのか減るのか)は、実は比較する対象によって異なります。 次の2つを比較した場合は、改正後の方が控除…

すまい給付金に代わり登場した「こどもみらい住宅支援事業」

住宅取得時に受け取ることができた「すまい給付金」が、昨年に終了しました。それに代わり、現在は「こどもみらい住宅支援事業」という制度がスタートしています。 すまい給付金と同じように、住宅取得時などに補助金を受け取れます。(正確には、補助金は建…

住まい相談で役立つライフプランソフト勉強会、1月開催です!

新たに勉強会の参加申込を開始しました!来年1/22(土)に下記のテーマで勉強会を開催します。 ・顧客が安心できる住まい提案を、ライフプランソフトで実践! 先日ご案内しました、確定申告の勉強会と同じ日の開催です。 申込開始より2週間以内の申込は、特別…

低未利用土地等を譲渡した場合の長期譲渡所得の特別控除(100万円)について

「低未利用土地等を譲渡した場合の長期譲渡所得の100万円の特別控除」は、去年7月に始まった制度です。低未利用土地とは、いわゆる空き地・空き家がある土地、を表しています。その低未利用土地を譲渡した場合に、譲渡所得から最大100万円が控除されるという…

賃貸契約ガイドラインについて(過去3年に孤独死等の事故があれば告知する、など)

賃貸物件で、入居者が孤独死や自殺等で亡くなった場合、いわゆる「事故物件」の取り扱いがなされます。次にその物件を借りる人にとって、それは重要な情報であるため、その告知が賃貸契約の現場で行われています。 ただし、事故物件の告知は、法律等で基準が…

6/27(日)ライフプランソフトを使った住宅相談の勉強会 申込開始しました!

新たに勉強会の参加申込を開始しました。少し先になりますが、6/27(日)に下記のテーマで勉強会を開催します。 ・顧客が安心できる住まい提案を、ライフプランソフトで実践! 住まいの購入や住み替え希望者は、資金計画に不安を抱えるものです。FP相談の多く…

「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」を、貸主も借主も知っておこう

賃貸物件の退去時に、原状回復をめぐってトラブルが絶えません。借主からすれば、高額な原状回復費用の請求に納得いかないと思う人も多いです。一方で貸主側は、入居者が入れ替わることで発生するコストを、可能なら借主に負担してもらいたいと思う人も多い…

不動産一つ一つにIDを振る取り組みで、不動産市場の透明性は高まるか

日本にもたくさんの土地や建物がありますが、不動産一つ一つにIDを振って利活用する取り組みが、今年4月から始まるようです。 国の取り組みではなく、不動産業界の業者が集まる不動産テック協会による取り組みです。 報道では、IDを振ることで不動産情報の透…

民泊による賃料収入は不動産所得? それとも雑所得?

今日は民泊の話題です。 民泊は、自宅を一時的に貸し出して収入を得るもの。外国人観光客が今後増加することから、民泊を取り扱う人も増えました。しかしコロナウイルスの影響で、当初予定していたほど民泊は普及していない状況。 ただ民泊は確立されつつあ…

住宅ローン控除13年が、延長されるかも

消費税10%にともない、住宅ローン控除が10年から13年に延長される制度が、今月末で期限となります。来年の税制改正で、この13年の住宅ローン控除の延長が検討されています。 これから家を買おうと考えている方には、気になる情報ですね。国民側としては、延…

日本全国の地価を、地図上で確認できるサイト

みなさま、こんにちは。「顧客満足度を高めるFP実務勉強会」運営スタッフの佐藤です。 本日は、不動産に関する便利なサイトをご紹介します。 東京都不動産鑑定士協会が運営している「東京都の地価」というサイトです。 東京と名前がついていますが、全国の土…