顧客満足度を高めるFP実務勉強会

FPのスキルアップ、お客様の満足度を高める方法、FP事業発展のヒントなどを配信しています!

個人情報流出の加害者にならないよう、改めてFPも気をつけましょう!

本日は、個人情報流出に関する話題です。
FPのみなさんも、お客様の個人情報や財産情報を扱いますよね。
その取り扱いを間違えれば、個人情報流出の加害者になってしまいます。

そうならないよう、今回の話題を参考にしていただければと思います。

 
日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)の発表によると、個人情報流出事故のうち、最も多い原因は不正アクセスなどサイバー攻撃ではなく、メールの誤送信とのことです。
(メールの誤送信の割合が全体の25%に対し、サイバー攻撃の割合は2%程度)

皆さんは多少なりとも、メールの誤送信の経験はあるのではないでしょうか。
でもそれが、個人情報流出事故の最大の原因であることに、驚かれたかもしれません。
世間では、サイバー攻撃のニュースの方が話題になっていますからね。

 
メールの誤送信の事例を分析すると、次のようなケースがあるようです。

・メールアドレスをタイプミスをして、別のアドレスに送ってしまった
・メールアドレスの一部を入力すれば候補を出してくれる仕組みにより、誤って別の人のアドレスを選んでしまった
・あるメールに返信したつもりが、違うメールに対して返信をしてしまい、宛先を確認せず想定外のところにメールを送ってしまった

ありえそうな事例ではありますが、メールの送信前に、宛先と内容に問題がないかをチェックする習慣をつければ、防げそうですね。

FPとして相談者と連絡のやり取りをするときに、
・氏名や連絡先などの個人情報
・収入や財産に関する情報
などをメールで送る機会があるかと思います。

メールを使う以上、自分が個人情報流出の加害者になることがあり得ます。
そうならないよう、メールを利用には十分に気を付けるようにして下さいね。
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  今後の勉強会の開催予定
  (会場参加、Zoomでの動画配信参加、どちらも可能です)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■10/25(日) 資産運用アドバイスをライフプランソフトで実践しよう
■10/25(日) 地方へ移住希望する方へのライフプランニングのポイントを学ぼう
■11/18(水) FP相談の質と満足度を向上!ライフプランソフト基本操作勉強会
■11/23(月・祝) 上手な保険見直し提案を、ライフプランソフトで実践しよう
■11/23(月・祝) 様々な所得・控除の確定申告を学ぶ(e-Taxも)

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
https://money-study.net/schedule.htm

 

10/25(日)開催の勉強会、参加者に当日案内メールを送りましたのでご確認下さい

以前からお知らせの通り、10/25(日)に顧客満足度を高めるFP実務勉強会で、
・午前:資産運用アドバイスをライフプランソフトで実践しよう
・午後:地方へ移住希望する方へのライフプランニングのポイントを学ぼう
の2つの勉強会を開催します。

久しぶりの勉強会です。
参加される皆さま、楽しみにして下さいね!

 
参加申し込みをされた方に、「勉強会当日案内」という件名で始まる
メールをお送りしました。
本日6:15ごろ、申込時に入力されたメールアドレス宛にお送りしました。

このメールで、勉強会当日に使用する資料について、ご案内しています。
また、Zoom参加の方には、受信に必要なZoomのパスワードもご案内しています。
申込みされた方は、案内メールのご確認をお願いします。

なお、本日以後に申し込まれた方には、開催前日の朝に当日案内メールをお送りいたします。
また、ezweb.ne.jpドメインのメールアドレスで申し込まれた場合も、メールが配信されていないと思われますので、すぐに後述の対応を取って下さい。
(申込前の重要事項や、申込ページでもご案内していたとおりです)

 
■当日の案内メールを受け取れていない場合の対応
昨日23:59までに申込された方には、すでに当日の案内メールを送っています。
届いていない方は、これ以上待っても届くことはありません。
待たずに今すぐ、下記公式サイトをご覧いただき、ご対応をお願いいたします。
直前に連絡いただいても対応できない場合がありますので、ご注意下さい。

・スタッフからのメールが受け取れない場合にチェックしてほしいこと
https://money-study.net/support/mail-noreceive.htm

 
■勉強会当日のご連絡には、お答えできない場合があります
当勉強会は少人数で運営しており、スタッフも当日は勉強会会場での運営
対応に追われています。そのため当日になって重要な連絡をいただいても
回答できない場合があります。
これは、申込前の重要事項のページでもご案内をさせていただいています。
恐れ入りますが、事前の準備と前日までの連絡にご協力をお願いいたします。

・勉強会参加にあたっての重要事項
https://money-study.net/pay/index.htm

 
以上がご案内となります。
ご参加される皆さま、勉強会の当日を楽しみにしてくださいね。

参加をご検討の皆さま、申し込み締め切りは、開催日の2日前までです。
まもなく締切ですので、下記ご案内からお早めに申し込みをお願いします。
(定員に達した場合・受付期限を過ぎた場合はご容赦ください)
皆様のご参加を、お待ちしています!
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  今後の勉強会の開催予定
  (会場参加、Zoomでの動画配信参加、どちらも可能です)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■10/25(日) 資産運用アドバイスをライフプランソフトで実践しよう
■10/25(日) 地方へ移住希望する方へのライフプランニングのポイントを学ぼう
■11/18(水) FP相談の質と満足度を向上!ライフプランソフト基本操作勉強会
■11/23(月・祝) 上手な保険見直し提案を、ライフプランソフトで実践しよう
■11/23(月・祝) 様々な所得・控除の確定申告を学ぶ(e-Taxも)

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
https://money-study.net/schedule.htm

 

老後資金が不安なら、まずは公的年金を増やすべき?

久しぶりに、マネー記事を題材にした話題をお届けします。

「老後資金が不安なら まずは公的年金を増やそう」という記事を読みました。
下記リンク先がその記事です。
https://style.nikkei.com/article/DGXMZO64789470Y0A001C2000000

まず皆さんの方で、上記の記事に目を通してみてください。
以下では、上記の記事をご覧いただいた前提で、書いていきます。

 
記事の内容としては、厚生年金に加入する働き方をして、その上で月給を上げて長く働けば、老齢厚生年金の受給額が上昇するので、それで老後不安に対処しよう、という趣旨です。

ただ、そもそも月給を上げる、長く働くというのは、直接的に生涯賃金を増やす効果があります。
増えた収入を貯蓄に回せば、老後に備えることができる方法です。
厚生年金に加入しないパートや自営業であっても、生涯賃金を増やせれば、老後資金に充てることはできます。
厚生年金に限定する必要はありません。

だから「老後資金が不安なら まずは公的年金を増やそう」ではなく、「老後資金が不安なら 長く(多く)働いて収入を増やそう」の方が、シンプルで分かりやすく、直接的な説明になると感じました。

年金を増やす選択肢は提示してもよいのですが、FP相談現場の感覚からすると、より優先度高く検討することは他にあると感じます。

 
ちなみに、老齢厚生年金の1カ月あたりの受給額を1万円増やすためには、厚生年金に加入して生涯賃金を約2200万円増やす必要があります。

※老齢厚生年金の計算式より、2200万×5.481/1000=約12万円(年額) となるため。

老後年金を1万円増やすためのがんばりで、(年金を受け取る前に)2000万円問題はあっさり解決できそうな感じがしますね(笑)

 
老齢年金を増やす方法として、繰下げ受給があります。
繰下げにより、単年での年金受給額を増やすことはできます。
しかし、繰下げしている期間中の貯蓄残高の状況は、別途検討が必要ですね。

この点からも、1年あたりの年金受給額を増やすことだけでなく、貯蓄残高の推移も併せて考えたほうがよいですね。
視野を広くして相談者の資産設計を考える姿勢が、FPとして大切だと思いました。
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  今後の勉強会の開催予定
  (会場参加、Zoomでの動画配信参加、どちらも可能です)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■10/25(日) 資産運用アドバイスをライフプランソフトで実践しよう
■10/25(日) 地方へ移住希望する方へのライフプランニングのポイントを学ぼう
■11/18(水) FP相談の質と満足度を向上!ライフプランソフト基本操作勉強会
■11/23(月・祝) 上手な保険見直し提案を、ライフプランソフトで実践しよう
■11/23(月・祝) 様々な所得・控除の確定申告を学ぶ(e-Taxも)

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
https://money-study.net/schedule.htm

 

公的な統計データは参考になりますが、統計データに乗らない事実もある

FPとして世の中の動きを把握したり、金額の平均値をとらえるときに、公的な機関や組織が発表している統計データを利用する場合がありますね。

統計データから事実を読み取ることも大切ですが、統計データに乗らない事実があることも、知っておくとよいです。

例えば有効求人倍率は雇用の状況を把握するときに用いられます。
しかしこのデータは、ハローワークを通した求人のみで集計されています。
ハローワークを通さない転職活動は、有効求人倍率には影響を与えません。
ハローワークを通さない転職が多数あるため、有効求人倍率が日本全体を網羅的に集計したものとは言いきれないわけです。

同様に厚生労働省が出している日本の婚姻数や離婚数も、役所を通した数が集計されたものです。
事実婚を選択した方、結婚生活と同等の暮らしをしながらも交際途中の方、離婚はしていないが別居状態にある方などは、役所に届け出をしていないので、これらの数は集計の対象とはなっていません。

これら統計データは、日本の実情を反映させるべく考えられたものです。
しかし完全に情報収集されたデータではないため、「現場感覚とは違う」と感じる方もいらっしゃるかもしれませんね。

統計データの信頼性を考えるうえで、一つ参考になればと思います。
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  今後の勉強会の開催予定
  (会場参加、Zoomでの動画配信参加、どちらも可能です)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■10/25(日) 資産運用アドバイスをライフプランソフトで実践しよう
■10/25(日) 地方へ移住希望する方へのライフプランニングのポイントを学ぼう
■11/18(水) FP相談の質と満足度を向上!ライフプランソフト基本操作勉強会
■11/23(月・祝) 上手な保険見直し提案を、ライフプランソフトで実践しよう
■11/23(月・祝) 様々な所得・控除の確定申告を学ぶ(e-Taxも)

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
https://money-study.net/schedule.htm

 

FPとして得意なことをPRしないともったいない、と思った事例

ある工務店さんのお話です。

お客様のご希望の住まいを作っていくことに、力を入れている工務店さん。
そこが強みではあるのですが、工務店なのだから、それはできて当たり前。

それだけでなく、お客様の資金計画をしっかり立てるファイナンシャルプランニングにも力を入れています。
FP資格保有者も複数いて、ライフプラン相談も含めてお客様の不安解消、人生設計のサポートまで行っています。

建築だけでなくFPにも強みを持っているところは、すごいですね。
2つの得意分野を掛け合わせた、ビジネスモデルです。

 
しかしホームページでは、家づくりの強みを複数ページにわたってPRをしているものの、ファイナンシャルプランニングのことはほとんど触れられていませんでした。
社員紹介ページにも、建築関連の資格は積極的に載せていますが、FPの資格は持っていても載せていなかったのです。

家を買いたいお客様は、資金のことにも不安を持つものです。
資金のことについてもしっかりフォローできるということを、ちゃんとPRした方がいいですよね。
お客様への信頼感も高まりますし、受注増につなげていける要素ですから。

そんなことを、おせっかいかもしれませんが、私からお話させていただきました!
( ^ー^)

みなさんも、お客様が期待していることが、得意であったり強みの場合は、積極的にPRしていきましょう!
得意なことは、PRしないともったいないですから!
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  今後の勉強会の開催予定
  (会場参加、Zoomでの動画配信参加、どちらも可能です)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■10/25(日) 資産運用アドバイスをライフプランソフトで実践しよう
■10/25(日) 地方へ移住希望する方へのライフプランニングのポイントを学ぼう
■11/18(水) FP相談の質と満足度を向上!ライフプランソフト基本操作勉強会
■11/23(月・祝) 上手な保険見直し提案を、ライフプランソフトで実践しよう
■11/23(月・祝) 様々な所得・控除の確定申告を学ぶ(e-Taxも)

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
https://money-study.net/schedule.htm

 

11/18(水) FP相談の質と満足度を向上!ライフプランソフト基本勉強会 申込開始のご案内

新たに勉強会の参加申込を開始しましたので、そのお知らせです。
来月11/18(水)に下記のテーマで勉強会を開催します。

・FP相談の質と満足度を向上!ライフプランソフト基本操作勉強会

定期的に開催している、FP向けライフプランソフトに関する基本勉強会です。
専用ソフトを使い、ライフプランシミュレーションの実力を高めるのに役立つ内容です。
今回は会場参加はなく、Zoom参加のみとしています。

早く申込みいただくほど、割引が大きくなる制度を採用しています。
申込開始より2週間以内の申込が、最も参加費が安くなります。
参加希望の方は、お早めにお申し込み下さいね。

勉強会の開催概要は、下記のとおりです。

 
━━━━━━━━━━━━━━━━
 ライフプランニングの専門ソフトの使いこなし方を学び、
 FP相談の質をアップし、お客様の満足度も高めよう!

という趣旨で開催する勉強会です。

ファイナンシャルプランナーがお金の相談に乗るときには、その専門
知識を発揮して、相談者の家計を分析したり、課題解決や改善提案を
行うことが求められます。
その業務をサポートするのが、FP向け専用ソフト「ライフプランソフト」です。

ライフプランソフトを使うと、複雑なキャッシュフロー表も簡単に作れます。
今後数十年にわたる収入、支出、財産額のグラフも作成できます。

これをもとに、説得力と納得感のある情報をお客様にお届けできます。
質の高いFP相談も行えるのが、ライフプランソフトの大きなメリットです。
住宅購入、老後年金、保険、投資、生活費、結婚・子育てなど、
さまざまなFP相談で活用できます。

今回は、ライフプランソフトの未経験者や、あまり使ったことがない
方を対象に、ライフプランソフトの入門勉強会として開催します。
今回使用するライフプランソフトは、当勉強会のスタッフがフリーソフト
開発している Financial Teacher System (以下、当ソフトと書きます)です。
FP業務利用であっても、無料で使えるソフトです。

当ソフトを使って、相談者の家計分析と、課題解決の提案方法を、実演します。
生活者向けの簡素なシミュレーションと比較し、FPが当ソフトを使って
シミュレーションすることで、顧客本位の有益なコンサルティング
できることを理解できます。

FPとITの両実務に関わっている当ソフト開発者が、FP相談業務を効率
よく進めるノウハウを紹介します。
ライフプランソフトの活用ノウハウをたくさん吸収して、FP相談の質と
満足度を高めていきましょう!

皆様のご参加を、お待ちしています!
━━━━━━━━━━━━━━━━

 
以上がご案内です。FP知識とスキルを発揮し、お客様の課題解決につなげるテーマで、集まった皆さんで楽しみながら勉強している会です。
ご興味ご関心をお持ちになりましたら、ぜひご参加下さいね。
この勉強会の詳細なご案内と参加申込は、下記公式サイトからお願いします。

【勉強会 今後の開催スケジュール】
https://money-study.net/schedule.htm

それでは、今回も皆様とお会いできるのを、楽しみにしています!
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  今後の勉強会の開催予定
  (会場参加、Zoomでの動画配信参加、どちらも可能です)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■10/25(日) 資産運用アドバイスをライフプランソフトで実践しよう
■10/25(日) 地方へ移住希望する方へのライフプランニングのポイントを学ぼう
■11/23(月・祝) 上手な保険見直し提案を、ライフプランソフトで実践しよう
■11/23(月・祝) 様々な所得・控除の確定申告を学ぶ(e-Taxも)

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
https://money-study.net/schedule.htm

 

年金生活者支援給付金の実務:受給者・受給対象者への通知について

昨年から、年金生活者支援給付金という制度が始まっています。

年金生活者支援給付金をざっくり説明すると、老齢・障害・遺族の各基礎年金に、要件を満たせば加算される給付金です。

年金生活者支援給付金の詳しいことは、厚生労働省の下記サイトをご覧ください。
制度の基礎的なことから学べますよ。
https://www.mhlw.go.jp/nenkinkyuufukin/system.html

高齢者へのFP業務で、この年金生活者支援給付金が話題になるケースもあるかと思います。

 
この年金生活者支援給付金に関して、今月10月から改めて受給対象者と金額が決定され、次の方に通知が届くことになっています。

・本年度の給付金の額が、昨年度から変動することになった方
・昨年度給付を受けていたが、本年度は対象外になった方
・新たに給付の対象となった方(給付の請求をするはがきが同封されており、それを返送しなければ受給できません)

所得の変動により、年金生活者支援給付金の対象/非対象が切り替わったり、受給額が変動する場合もあります。

この通知に関する情報は、日本年金機構の下記ページにも記載があります。
https://www.nenkin.go.jp/oshirase/taisetu/2020/202010/1007.html
https://www.nenkin.go.jp/oshirase/taisetu/2020/202010/100702.html

 
年金生活者支援給付金は、始まって1年の新しい制度です。
認知度はまだ低いですが、年金の話題とともにこの実務観点を伝える場面も増えると思いますので、参考にして下さいね。
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  今後の勉強会の開催予定
  (会場参加、Zoomでの動画配信参加、どちらも可能です)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■10/25(日) 資産運用アドバイスをライフプランソフトで実践しよう
■10/25(日) 地方へ移住希望する方へのライフプランニングのポイントを学ぼう
■11/23(月・祝) 上手な保険見直し提案を、ライフプランソフトで実践しよう
■11/23(月・祝) 様々な所得・控除の確定申告を学ぶ(e-Taxも)

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
https://money-study.net/schedule.htm