顧客満足度を高めるFP実務勉強会

FPのスキルアップ、お客様の満足度を高める方法、FP事業発展のヒントなどを配信しています!

キャッシュフロー表は誰でも作れるが、素人とプロFPとでは信頼性が異なる

本日は、FP相談現場で大切な観点を含むお話です。

 
先日FP相談の場で、相談顧客が自分で作ったキャッシュフロー表を持参し、FPがその妥当性をチェックする場面がありました。

お客様は、自分でキャッシュフロー表を作っていました。
でも考慮漏れや計算間違いがないか、この数値を信頼して将来計画を立てていいのか、という不安もありました。
そこでリタイアメントプランニングの相談と合わせて、FPにキャッシュフロー表のチェックも依頼したという案件です。

 
例えばこの相談案件では、お客様が作成のキャッシュフロー表に対して、次の点をFPから指摘しました。

・年金の加給年金が加算されていない(8年分くらい)
・現在の生活費を正しく認識できていない可能性がある
 (毎月の生活費を、実際より多く見積もりすぎているように見える)
・住宅費用の中に、屋根や外壁などのメンテナンス費用が含まれていない

加給年金については、夫婦の働き方と年齢から考えて、加算されるはずのものがないことから、
・加給年金の存在を知らなかったのか
・加給年金をもらえなくなる働き方を、今後に想定しているのか
についてヒアリングをしました。結果、加給年金は知らないとのことでした。

現在の生活費については、今の生活費が昔にさかのぼって続いていたとしたら、5年前は相当貯蓄があった(直近5年間でかなり貯金は減ったはず)と推察できたので、それが事実かをヒアリングで確認しました。
ヒアリングの結果、過去数年間で少しずつだが貯蓄は増えていたとのことでしたので、改めて正しい生活費を確認するよう伝えました。

 
今は一般生活者でも、無料でキャッシュフロー表を作れる環境があります。
しかし、プロの知見をもって作ったかどうかで、出来上がったキャッシュフロー表の正確さ(将来の当てになる度合い)に違いが出ます。

これは料理にも言えることですよね。
同じ材料、調理器具を与えられても、素人とプロとでは料理の見た目や味が異なりますから。
誰でも料理を作れる時代ですが、プロの料理人は評価されています。

 
この案件の話を聞いて、素人とプロの違いを伝えることも、FPにとって大切なことだと思いました。
その違いが、お客様にどのようなメリットを生むのか、そしてお金を払う価値があるか。
その観点で説明できると、お客様もFPの価値を認めてくれると思います!
(^-^)v
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  今後の勉強会の開催予定
  (会場参加、Zoomでの動画配信参加、どちらも可能です)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■1/30(土) あなたのFP活動を成長させる、目標達成型FPオンラインサロン
■1/30(土) 2021年 最新のe-Taxを理解し、顧客に説明できるようになろう
■1/30(土) FinancialTeacherSystem 2020年振り返りと、2021年の取り組み
■2/17(水) FP相談の質と満足度を向上!ライフプランソフト基本操作勉強会
■2/20(土) 顧客が安心できる住まい提案を、ライフプランソフトで実践!
■2/20(土) 不動産投資で後悔する人を減らすため、FPが持つべき知見を学ぼう!

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
https://money-study.net/schedule.htm

 

1/30(土)の勉強会は、会場参加を中止しZoom参加のみに切り替えます

みなさま、こんにちは。
顧客満足度を高めるFP実務勉強会」運営スタッフの佐藤です。

1/30(土)に、下記勉強会を開催します。

・2021年 最新のe-Taxを理解し、顧客に説明できるようになろう
・Financial Teacher System 2020年振り返りと、2021年の取り組み方針

この勉強会は、当初は会場参加とZoom参加とで参加者を募集していました。
しかし東京都における緊急事態宣言の発出により、会場が使用できなくなる可能性が出てきました。

それを受け、直前の混乱を避けるため、今回はZoom参加のみとすることを、本日決定させていただきました。

会場参加でお申し込みをされた方は、Zoomにてご参加をいただくことになりますが、個別にご案内をさしあげます。

 
このように、1月の勉強会はZoom参加へ一本化させていただきましたことを、お知らせいたしました。
直前の変更でご迷惑をおかけいたしますが、ご理解とご協力のほど、よろしくお願いいたします。
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  今後の勉強会の開催予定
  (会場参加、Zoomでの動画配信参加、どちらも可能です)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■1/30(土) あなたのFP活動を成長させる、目標達成型FPオンラインサロン
■1/30(土) 2021年 最新のe-Taxを理解し、顧客に説明できるようになろう
■1/30(土) FinancialTeacherSystem 2020年振り返りと、2021年の取り組み
■2/17(水) FP相談の質と満足度を向上!ライフプランソフト基本操作勉強会
■2/20(土) 顧客が安心できる住まい提案を、ライフプランソフトで実践!
■2/20(土) 不動産投資で後悔する人を減らすため、FPが持つべき知見を学ぼう!

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
https://money-study.net/schedule.htm

 

仮想通貨(暗号資産)は、投資家保護基金の対象外?

先日、FPの方と、仮想通貨(暗号資産)について話をする機会がありました。

仮想通貨という呼び方から暗号資産という呼び方に変わりました。
「通貨」という決済機能を目的として使っている人は一般的ではなく、むしろ投資目的で手にしている人の方が多そうですね。

私個人的には、仮想通貨(暗号資産)には興味がなく、投資もしていないです。
その理由の一つは、取扱業者をまだまだ全面的に信頼できないためです。
というのも、過去に取引所が不正アクセスされるなどして、顧客の資産が失われる事案も発生していますから。

FP資格を取る時に、投資者保護基金について勉強しましたよね。
本来投資家が出した資金は、金融業者の資産と分別管理をする必要があります。
しかし分別管理していないなどの理由から、顧客の財産が失われた場合に、1000万円を上限として補償してもらえるのが、投資者保護基金です。

私が調べた限りでは、仮想通貨(暗号資産)は、投資者保護基金の対象ではないようです。
投資者保護基金の公式サイトに、対象とも非対象とも記載はありませんでした。
他の説明記述から、非対象と推察しています。

預けたお金が保護されないというのは、ちょっといかがなものか・・・と思うところもあり、仮想通貨(暗号資産)には私は手を出していないのです。

将来的には、投資者保護基金の対象になるかもしれません。
取引の信用リスクを下げる効果もあるので、投資家を保護する仕組みは整備してもらいたいと思っています。

 
FP相談現場で、仮想通貨を保有しているお客様から「仮想通貨は今後どうしたらいいですか?」などと聞かれることもあるかと思います。
仮想通貨(暗号資産)のメリット・デメリットを皆さんなりに語れるようになり、お客様のサポートをしていただければと思っています!
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  今後の勉強会の開催予定
  (会場参加、Zoomでの動画配信参加、どちらも可能です)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■1/30(土) あなたのFP活動を成長させる、目標達成型FPオンラインサロン
■1/30(土) 2021年 最新のe-Taxを理解し、顧客に説明できるようになろう
■1/30(土) FinancialTeacherSystem 2020年振り返りと、2021年の取り組み
■2/17(水) FP相談の質と満足度を向上!ライフプランソフト基本操作勉強会
■2/20(土) 顧客が安心できる住まい提案を、ライフプランソフトで実践!
■2/20(土) 不動産投資で後悔する人を減らすため、FPが持つべき知見を学ぼう!

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
https://money-study.net/schedule.htm

 

誰でも簡単に作れる相続ガイドブックで、集客のスピードを上げられる

先日、郵便局で見かけた相続ガイドブックを切り口に、郵便局で低価格でパンフレットを置かせてもらえると書きました。

今日はそれに関連して、その相続ガイドブック自体の話題です。

 
小規模な司法書士法人が作っていた相続ガイドブックだったのですが、少し調べてみたところ、ある業者が作成していることが分かりました。

ガイドブックの本文は、相続について一般的な情報をわかりやすくまとめたものですが、最後のページに自分の事務所の住所やプロフィールを、自由にカスタマイズできます。
あたかも、自社オリジナルのガイドブックとして配布できるというわけです。

これは、相続事業者向けに、販促ツールとして提供されているものです。
相続に関わる事業者さんが多数、導入されているようです。

相続事業に関わる人なら、自分でこのようなガイドブック作ることはできるでしょう。
でも時間も労力もかかりますよね。

そこに目を付けて、簡単にガイドブックを作れる環境を用意したこの販促ツールの業者さんも、相続事業者向けにうまく集客しているなあと思ったのでした。
お金はかかりますが、集客するスピードを上げることにつなげられますね。

 
この販促ツール業者とまったく縁はありませんが、参考までにURLもご紹介しておきます。
https://souzokuhansoku.com/souzokubooklet/

このような販促ツールは、いろいろな業者が手掛けています。
相続以外の分野でもありそうですね。

 
2回に分けて、集客についてご紹介しました。
皆さんの集客の観点で、参考になればと思っています!
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  今後の勉強会の開催予定
  (会場参加、Zoomでの動画配信参加、どちらも可能です)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■1/30(土) あなたのFP活動を成長させる、目標達成型FPオンラインサロン
■1/30(土) 2021年 最新のe-Taxを理解し、顧客に説明できるようになろう
■1/30(土) FinancialTeacherSystem 2020年振り返りと、2021年の取り組み
■2/17(水) FP相談の質と満足度を向上!ライフプランソフト基本操作勉強会
■2/20(土) 顧客が安心できる住まい提案を、ライフプランソフトで実践!
■2/20(土) 不動産投資で後悔する人を減らすため、FPが持つべき知見を学ぼう!

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
https://money-study.net/schedule.htm

 

小規模事業者であっても、郵便局で低価格で広告宣伝できる!

先日、郵便局に行ったときのこと。
「相続手続きガイドブック」というパンフレットが置かれていました。

内容は、相続手続きのことをシンプルにまとめたものです。
相続に関心を持つ生活者なら、手に取って読みたくなりそうなシンプルなイラストのガイドブックでした。

それを手に取り読んでいて、最後に「おっ」と驚きました。
そのパンフレットの連絡先には、ある小規模な司法書士法人の名前がありました。
小規模法人が郵便局にパンフレットを置くことは、敷居が高いことだと思っていたので、意外だったのです。

小規模法人が、郵便局でチラシやパンフレットを配布できれば、大きな集客効果を得ることができますね。
しかも高齢者が関心を持つテーマであれば、高い集客効果が見込めそうです。

 
調べてみたところ、郵便局にチラシを置くのは、低価格でできるのです。
配布期間は2週間、最大200枚という条件であれば、2000円~4000円でOK。
他にもポスターなど様々な広告メニューが、郵便局で用意されています。

金融機関で広告を出すには、高額なお金が必要と個人的には思っていました。
しかし意外にも、こんなに低価格で広告宣伝できることに驚きました。

 
この郵便局広告を利用されているFPの方も、いらっしゃるかと思います。
地域密着で地元の顧客を増やしたいFPには、良い集客方法になりそうですね。

この郵便局での広告については、下記サイトでご覧いただけます。
興味ある方は、参考にしてみてくださいね。

https://www.jp-comm.jp/service02.html
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  今後の勉強会の開催予定
  (会場参加、Zoomでの動画配信参加、どちらも可能です)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■1/30(土) あなたのFP活動を成長させる、目標達成型FPオンラインサロン
■1/30(土) 2021年 最新のe-Taxを理解し、顧客に説明できるようになろう
■1/30(土) FinancialTeacherSystem 2020年振り返りと、2021年の取り組み
■2/17(水) FP相談の質と満足度を向上!ライフプランソフト基本操作勉強会
■2/20(土) 顧客が安心できる住まい提案を、ライフプランソフトで実践!
■2/20(土) 不動産投資で後悔する人を減らすため、FPが持つべき知見を学ぼう!

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
https://money-study.net/schedule.htm

 

FPが抱えることができる顧問顧客は、50人まで大丈夫!というお話

毎月または毎年対価を払ってくれる顧問顧客を、一人のFPが何人くらいまで保有できるかについて、先日数人のFPの方と話をしていました。

資産運用のアドバイスをメインでされているFPの方なら、このビジネスモデルには興味があるのではないでしょうか。
アメリカのFPは、このビジネスモデルを採用している人が多いことで知られています。

顧問顧客をもって継続的なアドバイスをすることで、資産額の例えば0.5%~1%を報酬にするモデルで事業を行うことができます。
1億円の資産をお持ちの方にサービスをお届けすることができれば、一人当たり50万~100万円の報酬も得ることができる計算です。

 
このビジネスモデルで現実的に、何人の顧客を抱えられるのかというところで議論をしていました。
アメリカでは、一人のFPで40~50の顧客が限度であると言われているそうです。

50人の顧客と毎月面談をするわけではなく、3カ月や半年に1回程度、今後の運用方針を打ち合わせしたり、スポットでの相談にのる業務が中心とのことです。
日本で同様のビジネスモデルをとったとしても、やはりこれくらいの顧客数が現実的な上限になりそうというお話を聞きました。

もし50人を超えてしまうなら、別のFPと提携したり、従業員を雇って規模を拡大するなどの戦略を取ることになりますね。

 
単発の相談を受けるばかりでは労力が多く、FPとしてもなかなか収益を上げることが難しいですよね。
顧問顧客が50人もいれば、FPの収益の観点でも十分に安定するでしょう。
FPとしても、大きなやりがいになるのではないでしょうか。

目指せ!顧客50人!

顧問顧客を得るビジネスモデルを考えていらっしゃる方は、参考にしてみてくださいね。
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  今後の勉強会の開催予定
  (会場参加、Zoomでの動画配信参加、どちらも可能です)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■1/30(土) あなたのFP活動を成長させる、目標達成型FPオンラインサロン
■1/30(土) 2021年 最新のe-Taxを理解し、顧客に説明できるようになろう
■1/30(土) FinancialTeacherSystem 2020年振り返りと、2021年の取り組み
■2/17(水) FP相談の質と満足度を向上!ライフプランソフト基本操作勉強会
■2/20(土) 顧客が安心できる住まい提案を、ライフプランソフトで実践!
■2/20(土) 不動産投資で後悔する人を減らすため、FPが持つべき知見を学ぼう!

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
https://money-study.net/schedule.htm

 

1月と2月の勉強会で、会場が使えなくなった場合の対応方針について

首都圏で緊急事態宣言が発出されるとの情報があります。
その場合には1月・2月の勉強会で会場が使用できなくなる可能性があります。

会場が使用できなくなった場合は、会場参加で申し込まれた方は全員、Zoom参加へと振り替えさせていただきます。
その場合、会場参加よりZoom参加の方が、参加費は高くなるのですが、追加料金が発生することなくZoom参加へ振り替えとなります。

このことは、申込前にお読みいただいています重要事項にも記載しております。
会場が使用できなくなった場合は、会場参加の方に個別にご連絡を差し上げるとともに、ホームページでもご案内をいたします。

 
このような不可抗力により会場参加が不可となった場合には、差額の精算なしでZoom参加へと振り替えとなります。
ただしそうではなく、自己都合でのZoom参加への変更や、申込間違いによる場合のZoom参加への変更は、手数料がかかりますので予めご了承ください。
詳細は、申込前にご覧いただける重要事項でご説明しておりますので、そちらをご確認ください。

・勉強会参加に当たっての重要事項
https://money-study.net/pay/index.htm

 
以上の通りの運営ルールとさせていただいております。
皆さまにご不便をおかけするかもしれませんが、極めて少人数で運営している会であるため、皆さまのご理解もいただきたく、よろしくお願いいたします。
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  今後の勉強会の開催予定
  (会場参加、Zoomでの動画配信参加、どちらも可能です)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■1/30(土) あなたのFP活動を成長させる、目標達成型FPオンラインサロン
■1/30(土) 2021年 最新のe-Taxを理解し、顧客に説明できるようになろう
■1/30(土) FinancialTeacherSystem 2020年振り返りと、2021年の取り組み
■2/17(水) FP相談の質と満足度を向上!ライフプランソフト基本操作勉強会
■2/20(土) 顧客が安心できる住まい提案を、ライフプランソフトで実践!
■2/20(土) 不動産投資で後悔する人を減らすため、FPが持つべき知見を学ぼう!

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
https://money-study.net/schedule.htm