顧客満足度を高めるFP実務勉強会

FPのスキルアップ、お客様の満足度を高める方法、FP事業発展のヒントなどを配信しています!

30金融資産運用

FXや先物取引は投機なのか?デリバティブの意義と合わせて解説

みなさま、こんにちは。「顧客満足度を高めるFP実務勉強会」運営スタッフの佐藤です。 投資に関する話題で、「FXや先物取引は投機だ」と見聞きしたことがある方は多いのではないでしょうか。FPの方から「FXや先物取引は投機という説明であってますよね?」と…

株式の所得とFXの所得とを、国が損益通算させたくない理由

本日は、投資の税金に関する、少々深いお話となります。 株式売買での損失と利益は、株式売買の中では損益通算することができます。FX・指数先物・オプションなどデリバティブ商品売買の場合も、それ同士の間であれば、損失と利益は損益通算することができま…

高校生や大学生の間で、投資のトラブルが起こっているという話

若者の間で、ビットコインなどのトラブル相談が寄せられているという記事を読みました。 【参考】高校生や大学生にも広がる「仮想通貨」の投資トラブル SNSで勧誘もhttps://japan.cnet.com/article/35172043/ 今の若者は、漠然と将来に不安に感じているひと…

複数人での「共有口座」をKyashが始めるようですが、FP視点で気になったこと

決済サービスKyashが、「共有口座」のサービスを始めるそうです。複数の人と資金を共有できる口座なので、・飲食費の割り勘をするときに、みんながその共有口座に入金して、誰かがまとめて支払する・夫婦でお金を出し合い、支払いを共有管理するという使い方…

仮想通貨(暗号資産)は、投資家保護基金の対象外?

先日、FPの方と、仮想通貨(暗号資産)について話をする機会がありました。 仮想通貨という呼び方から暗号資産という呼び方に変わりました。「通貨」という決済機能を目的として使っている人は一般的ではなく、むしろ投資目的で手にしている人の方が多そうです…

低金利の銀行預金でも、資産形成はできる?できない?

「銀行預金は0.01%もの低金利、だから銀行預金で資産形成はできない」というお金の専門家の発言を時々見かけます。 しかし私は、銀行預金でも資産形成は可能と考えています。ただし「資産形成」が何を指しているかの解釈にもよるところですので、その点も考…

銀行預金ペイオフによる損失回避方法と注意点について

銀行が破たんしたら、1000万円を超える預金は保護されない可能性があります。ペイオフと呼ばれるものですね。 その破たんの影響を避けるなら、銀行1行当たり1000万円までの預金にとどめておくのが安心です。 しかし、銀行口座をたくさん持つと、その管理が大…

株や投資信託の販売手数料無料化は、FPにとってプラスかマイナスか

みなさま、こんにちは。「顧客満足度を高めるFP実務勉強会」運営スタッフの佐藤です。 株や投資信託の販売手数料が、どんどん無料化していることが話題になっていますね。 しばらく前のことですが、FP同士のディスカッションに参加する機会がありました。議…

休眠預金が実際に活用され始めています

みなさま、こんにちは。「顧客満足度を高めるFP実務勉強会」運営スタッフの佐藤です。 2019年から、休眠預金等活用法が施行されています。これは、10年以上引き出しや入金が行われない、いわゆる休眠預金を、NPO法人などが公益的メリットをもつ目的で活用す…

日本の金融リテラシー向上のために金融教育が必要、というニュース

みなさま、こんにちは。「顧客満足度を高めるFP実務勉強会」運営スタッフの佐藤です。 先日、ロイターで下記のニュースが掲示されていました。 ・金融リテラシーに向上の余地、教育が重要=雨宮日銀副総裁https://jp.reuters.com/article/boj-amemiya-idJPKB…