顧客満足度を高めるFP実務勉強会

FPのスキルアップ、お客様の満足度を高める方法、FP事業発展のヒントなどを配信しています!

10/29(日) 老後資金計画とExcelの勉強会 参加者に「当日案内メール」を再送しました

いよいよ明日10/29(日)は、下記勉強会の開催日です!

・ライフプランソフトで相談者の老後資金計画をサポートしよう!
・FP業務で役立つ Excelテクニック 関数編

 
会場参加とzoom参加で参加申込された方に、「勉強会当日案内」という件名で始まるメールを別途お送りしました。
(録画配信の方へは送っていません。詳細は後の文章をご覧ください)

以前にも同じご案内を差し上げましたが、参加人数に変動がありましたので、本日の朝6:20ごろに改めてお送りいたしました。
その「勉強会当日案内」メールで、当日の資料についてご案内しています。
Zoom参加の方には、受信に必要なZoomのパスワードもご案内しています。
申込みされた方は、「勉強会当日案内」メールのご確認をお願いします。

ezweb.ne.jpドメインのメールアドレスで申し込まれた場合は、メールが配信されていないと思われますので、すぐに後述の対応を取って下さい。
(申込前の重要事項や、申込ページでもご案内しています)

 
■録画配信で申し込みをされた方へ
録画視聴のご案内は、視聴期間の初日(勉強会開催当日の3日後)に、メールでお送りします。
そのメールをお待ちください。

 
■当日案内メールを受け取れていない場合の対応
昨日23:59までに申込された方には、「当日案内メール」を送信済みです。
届いていない方は、これ以上待っても届くことはありません。
待たずに今すぐ、下記公式サイトをご覧いただき、ご対応をお願いします。
開催日に連絡されても対応できない場合がありますので、ご注意下さい。

・スタッフからのメールが受け取れない場合にチェックしてほしいこと
https://money-study.net/support/mail-noreceive.htm

 
■勉強会当日のご連絡には、お答えできない場合があります
当勉強会は少人数で運営しています。
スタッフも当日は、勉強会の運営対応に追われています。
なので当日になって重要な連絡をされても、回答できない場合があります。
これは、申込前の重要事項のページでもご案内をさせていただいています。
恐れ入りますが、事前準備と前日までの連絡にご協力をお願いいたします。

・勉強会参加にあたっての重要事項
https://money-study.net/pay/index.htm

 
以上がご案内となります。勉強会の当日を楽しみにしてくださいね。
皆様のご参加を、お待ちしています!
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  今後の勉強会の開催予定
  (会場参加、Zoomでの動画配信参加、どちらも可能です)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■10/29(日) ライフプランソフトで相談者の老後資金計画をサポートしよう!
■10/29(日) FP業務で役立つ Excelテクニック 関数編
■11/26(日) 複雑な収入支出のFP相談に対応できる!ライフプランソフト実践
■11/26(日) FPなら知っておくべきメンタル不調・リストラ・再雇用の相談対応


参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
https://money-study.net/schedule.htm

 

10/29(日) 老後資金計画とExcelの勉強会 参加者に「当日案内メール」を別途送りました

10/29(日)に下記勉強会を開催します。まもなくの開催となりますね!

・ライフプランソフトで相談者の老後資金計画をサポートしよう!
・FP業務で役立つ Excelテクニック 関数編

 
会場参加とzoom参加で参加申込された方に、「勉強会当日案内」という件名で始まるメールを別途お送りしました。
(録画配信の方へは送っていません。詳細は後の文章をご覧ください)

本日朝7:30ごろ、申込時の登録メールアドレス宛にお送りしました。
その「勉強会当日案内」メールで、当日の資料についてご案内しています。
Zoom参加の方には、受信に必要なZoomのパスワードもご案内しています。
申込みされた方は、「勉強会当日案内」メールのご確認をお願いします。

なお、本日以後に申し込まれた方には、開催前日の朝に「当日案内メール」をお送りします。
ezweb.ne.jpドメインのメールアドレスで申し込まれた場合は、メールが配信されていないと思われますので、すぐに後述の対応を取って下さい。
(申込前の重要事項や、申込ページでもご案内しています)

 
■録画配信で申し込みをされた方へ
録画視聴のご案内は、視聴期間の初日(勉強会開催当日の3日後)に、メールでお送りします。
そのメールをお待ちください。

 
■当日案内メールを受け取れていない場合の対応
昨日23:59までに申込された方には、「当日案内メール」を送信済みです。
届いていない方は、これ以上待っても届くことはありません。
待たずに今すぐ、下記公式サイトをご覧いただき、ご対応をお願いします。
開催日に連絡されても対応できない場合がありますので、ご注意下さい。

・スタッフからのメールが受け取れない場合にチェックしてほしいこと
https://money-study.net/support/mail-noreceive.htm

 
■勉強会当日のご連絡には、お答えできない場合があります
当勉強会は少人数で運営しています。
スタッフも当日は、勉強会の運営対応に追われています。
なので当日になって重要な連絡をされても、回答できない場合があります。
これは、申込前の重要事項のページでもご案内をさせていただいています。
恐れ入りますが、事前準備と前日までの連絡にご協力をお願いいたします。

・勉強会参加にあたっての重要事項
https://money-study.net/pay/index.htm

 
■申し込み締め切りまであと2日!まだ参加は受付中!
申し込み締め切りは、開催日2日前の23:59までです。
参加をご検討の方は、下記公式サイトから早めに申し込み下さいね!
https://money-study.net/schedule.htm
 
以上がご案内となります。勉強会の当日を楽しみにしてくださいね。
皆様のご参加を、お待ちしています!
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  今後の勉強会の開催予定
  (会場参加、Zoomでの動画配信参加、どちらも可能です)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■10/29(日) ライフプランソフトで相談者の老後資金計画をサポートしよう!
■10/29(日) FP業務で役立つ Excelテクニック 関数編
■11/26(日) 複雑な収入支出のFP相談に対応できる!ライフプランソフト実践
■11/26(日) FPなら知っておくべきメンタル不調・リストラ・再雇用の相談対応


参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
https://money-study.net/schedule.htm

 

オンラインセミナー時は、通信環境をしっかり整えましょう!

2020年のコロナをきっかけに、オンラインセミナーがすっかり定着しました。
皆さんの中にも、オンラインセミナーを実施された方も多いかと思います。

 

オンラインセミナーを行うときには、通信環境を整えることが大切ですよね。
通信環境が悪いと、動画や音声が途切れることがあります。
最悪の場合は、接続そのものが切れてしまって、あなたがオンラインセミナーの場からいなくなってしまう・・・ということも起こります。

企業から依頼を受けたり、有償で顧客を集めてのオンラインセミナーの場合は、特に注意が必要です。
通信環境不良のせいで、「お金を払ったのに講師の話が聞けなかった」という問題が生じることにもなりますからね。

ですからオンラインセミナーの際は、安定した通信環境で参加するよう心掛けてくださいね。
もし通信環境に自信がない場合や、通信環境問題で責任を取りたくない場合は、セミナー運営側の通信環境を使わせてもらうという方法もあります。
(その会社・会場へ訪問する必要はありますが)

これなら、セミナー運営側に通信環境リスクを移転することができます。

 
自らオンラインセミナーを企画される場合は、万一の通信機器・パソコン故障に備えて、予備の通信機器やパソコンを準備しておきましょう。
機器の準備だけでなく、セミナーが開催できなくなったときに素早く機器の切り替えを行えることも大切です。
いざというときに備え、切り替えの訓練も普段から行っておくとよいです。

私が運営している勉強会でも、3つ以上の通信機器、2つ以上のパソコンを必ず用意しています。
万一の際に備え、切りかえ手順書まで用意して、毎回開催をしています。

実際、通信環境の不調が生じて、機器の切り替えを行って乗り切ったこともあります。
それを予測して準備していたこともあり、当日は大きな問題になることはありませんでした。ホッ。

 
みなさんも今一度、オンラインセミナーの実施環境を見直してみましょう。

オンラインセミナーができるようになれば、仕事の幅も広がります。
通信環境で気になる点があれば、早めに解決しておきましょう!
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  今後の勉強会の開催予定
  (会場参加、Zoomでの動画配信参加、どちらも可能です)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■10/29(日) ライフプランソフトで相談者の老後資金計画をサポートしよう!
■10/29(日) FP業務で役立つ Excelテクニック 関数編
■11/26(日) 複雑な収入支出のFP相談に対応できる!ライフプランソフト実践
■11/26(日) FPなら知っておくべきメンタル不調・リストラ・再雇用の相談対応


参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
https://money-study.net/schedule.htm

 

来年1月以降、iDeCoの確定申告がe-Taxでしやすくなる!?

来年1月からの確定申告で、iDeCoの掛金に対する小規模企業共済等掛金控除のデータを、マイナポータル経由でe-Taxに取り込めるようになる見込みです。

 

事前にマイナポータルでの設定が必要になるかもしれませんが、詳細は10/24以降にiDeCoの加入者に案内されるとのことです。

確定申告の負担が減ると、便利になりますね。
詳細は、iDeCoの公式サイトにある下記PDF資料をご覧ください。
https://www.ideco-koushiki.jp/library/pdf/myna_news_20231002.pdf
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  今後の勉強会の開催予定
  (会場参加、Zoomでの動画配信参加、どちらも可能です)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■10/29(日) ライフプランソフトで相談者の老後資金計画をサポートしよう!
■10/29(日) FP業務で役立つ Excelテクニック 関数編
■11/26(日) 複雑な収入支出のFP相談に対応できる!ライフプランソフト実践
■11/26(日) FPなら知っておくべきメンタル不調・リストラ・再雇用の相談対応


参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
https://money-study.net/schedule.htm

 

マンション相続税評価の新しい算式が発表(3か月後の2024/1から運用開始)

みなさま、こんにちは。
顧客満足度を高めるFP実務勉強会」運営スタッフの佐藤です。

タワーマンション相続税の節税ができる、という話を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。
(以下は、タワーマンションの区分所有の物件購入を前提とします)

これは、タワーマンション時価評価に比べ、相続税評価額がそれを大きく下回るためです。
10億円の現金を、10億円のタワーマンションに変えてから相続が発生すると、相続税を半分以下に減らせることも多くありました。

これは私が知る限り、15年以上前から知られている方法です。
しかし国税庁としては税の公平性が損なわれることから、これに対して問題意識は持っており、タワーマンション相続税評価額がやがて変更になることをにおわせてきました。

ついに先月末、マンションの相続税評価額の新たな算式が、国税庁のサイトで発表されました。
算式の詳細は、国税庁の下記ページで解説されています。
https://www.nta.go.jp/law/tsutatsu/kobetsu/hyoka/231004/index.htm

 
これを読み解くと、現行の相続税評価よりかなりややこしいものになることが分かります。評価額を決める要素として、築年数、マンションの最高地上階数、所有しているマンションが何階に存在するか、などが加わります。
また、土地部分と建物部分の評価額共に、新しい算式での評価となります。

このややこしい計算式の狙いは、相続税評価額が時価の6割未満になるなら、それを6割くらいに補正するところにあります。
結局は時価の6割まで圧縮できるので節税の余地はあるわけですが、極端な節税は認めないということになるわけです。

 
この新しい評価計算式は、来年の令和6年1月1日以後に、相続・遺贈・贈与で取得した区分所有不動産に対して適用がなされます。
もう3か月後に、スタートですよ。

しかも、タワーマンションに限らず、全ての区分所有マンションの評価に適用されるというが注意点です。
したがって、顧客対応で相続税評価額が話題になることがある方は、知っておかなければならない知識となりますね。

 
以上は概略ですが、もう少し詳しいことを学びたいという方は「タワーマンション 評価 改正」で検索をして、直近1カ月に書かれた記事に複数目を通していくことで、分かりやすく解説された記事に触れることができると思います。

マンションの相続税評価額が、これまでよりややこしくなるわけですが、関係する方は少しずつ理解を深めていくとよいでしょう。
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  今後の勉強会の開催予定
  (会場参加、Zoomでの動画配信参加、どちらも可能です)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■10/29(日) ライフプランソフトで相談者の老後資金計画をサポートしよう!
■10/29(日) FP業務で役立つ Excelテクニック 関数編
■11/26(日) 複雑な収入支出のFP相談に対応できる!ライフプランソフト実践
■11/26(日) FPなら知っておくべきメンタル不調・リストラ・再雇用の相談対応


参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
https://money-study.net/schedule.htm

 

自分のFP相談は本当に顧客のためになったのか? というお話

本日は、FPの方の体験エピソードをお届けします。

 
どのような保険に入ればよいか教えてほしいという相談があり、FPが対応。
保険の基礎概念を教えたうえで、保険の入りすぎを防ぎつつ、でも必要な保障は得られるよう、保障額を計算。そのうえでどのような保険に入ればよいかという保険商品の探し方も教えたので、あとは顧客が適切に保険を探して加入できる状態にして、FP相談を終えた。

後日その顧客から話を聞くと、保険に加入したとのことだったが、FPがアドバイスしたものとは異なる保険に加入してしまっていた。
どのようにして保険商品を決めたのかを聞くと、保険販売の担当者の話に沿って決めたとのこと。当初アドバイスしたFPからみれば、無駄な保険に加入しているように見え、支払保険料も想定以上に高かった。

自分のアドバイスが、結局は顧客のためにならない結果になったと感じたのでした。

 ㅤ
また別のFP相談のお話。

住宅購入の資金計画について、顧客と対面相談。FPは目先の住宅購入資金だけでなく、老後の資金までを考えてプランを立てることの大切さを説明。
そのうえで、購入する住まいは〇万円以内に抑えたほうが良い、なぜなら~~~だからです、と論理的に顧客に説明。

その相談を経て顧客は、どのように予算を決めればよいか、どのような考えで決定すればよいかを理解でき、安心して住宅購入できるようになったとFPに感謝の気持ちを伝えた。

後日その顧客から話を聞くと、住宅を購入されていたのだが・・・
当初のFPが提案したものより、高額な物件をご購入。
買えなくはない金額であり、当面はローン返済も問題ないと思われるが、老後資金まで考慮した自分のアドバイスはどこへやら・・・
とむなしくなったとのことでした。

 ㅤ
この2つの相談エピソードを読んで、皆さんはいかが感じられたでしょうか。
商品を販売しないFPさんの中には、「商品を販売するFPはけしからん!」と感じた人もいるでしょう。
ところが商品を販売しないということは、顧客を最後までサポートできない(実行支援まで関われない)という見方もできるわけです。

お金の専門家といえども、様々な立場で活動をしている方がいて、それぞれが自分なりに、顧客のためを考えて行動をしているからですよね。

このような体験をされたFPの方も、多いのではないでしょうか。
ではどうすれば、本当に顧客のためになる相談業務となるのか。

顧客のためを考えて今よりもう一歩、踏み込んだ活動が必要だと思われたら、それを実施してもらえたらと思います。
皆さんのその積み重ねが、さらにFP相談の価値を引き上げることにつながるかもしれませんから。
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  今後の勉強会の開催予定
  (会場参加、Zoomでの動画配信参加、どちらも可能です)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■10/29(日) ライフプランソフトで相談者の老後資金計画をサポートしよう!
■10/29(日) FP業務で役立つ Excelテクニック 関数編
■11/26(日) 複雑な収入支出のFP相談に対応できる!ライフプランソフト実践
■11/26(日) FPなら知っておくべきメンタル不調・リストラ・再雇用の相談対応


参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
https://money-study.net/schedule.htm

 

マンションの修繕積立金が急上昇しないようにする改正が検討中

マンションの修繕積立金が急上昇し、所有者が困るケースがあります。
それを防ごうと、引き上げ幅に制限をかける改正が、国土交通省で検討されています。

マンションを購入しやすいよう、修繕積立金を意図的に低く設定するケースもありますが、そこがそもそもの問題点と言えますね。

 
この改正により、マンション購入時からずっと適正な修繕積立金を負担することになります。
将来の資金計画を立てやすくなる点は、メリットであると思います。

ただし修繕積立金を必要以上に安くすることもできなくなるので、購入時の負担は今より増すかもしれません。
でも見方を変えれば、資金的に無理のないマンション購入にもつながります。

 
この改正は今後さらに議論されていきます。
消費者にとっての不利が少しでも減るようになればよいなと考えています。

・参考記事はこちら
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA31CJL0R30C23A8000000/
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  今後の勉強会の開催予定
  (会場参加、Zoomでの動画配信参加、どちらも可能です)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■10/29(日) ライフプランソフトで相談者の老後資金計画をサポートしよう!
■10/29(日) FP業務で役立つ Excelテクニック 関数編
■11/26(日) 複雑な収入支出のFP相談に対応できる!ライフプランソフト実践
■11/26(日) FPなら知っておくべきメンタル不調・リストラ・再雇用の相談対応


参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
https://money-study.net/schedule.htm